特定調停について

特定調停とは

特定調停は、支払い不能に陥る恐れのある方の経済的再生について定めた手続です。
特定調停の申し立てを受けると、裁判所は債権者に通知を送り、取引履歴の開示を求めます。開示された履歴が法定利率を超えている場合には、裁判所は利息制限法に引きなおした計算を債権者に求め、債権額を決定します。
調停委員が債務者の経済状況や、債務額から調停による支払いが可能か等を判断し、債権者との間に入って話し合いを進めます。
合意に至れば、その内容を記載した調停証書が作成されます。この調停証書は判決と同じ効力を持ちます。
したがって、調停調書どおりに支払いができない場合には強制執行をされる可能性があるというデメリットがあります。

しかし特定調停では、利息制限法内で引き直し計算を自分で行う必要がなく、解決案も調停委員が出してくれるなどのメリットがあり、法律について詳しく知らなくても利用することができる手続です。”

ジェネシスグループ

東京事務所
JR山手線・総武線・京浜東北線
東京メトロ 日比谷線、TX線
秋葉原駅電気街口 徒歩9分 東京メトロ銀座線 末広町駅4番出口 徒歩1分 東京メトロ千代田線 湯島駅6番出口 徒歩5分 東京メトロ銀座線 上野広小路駅A1出口 徒歩6分 JR山手線 御徒町駅南口 徒歩8分
福岡事務所
鹿児島本線 博多駅博多口 徒歩8分
大阪事務所
東海道本線 大阪駅南口 徒歩9分
愛知事務所
地下鉄桜通線 国際センター駅(3番出口)550m(徒歩6分)
ページ上部へ戻る