信用情報機関

借り入れの残高が残っていても過払い金が発生し、

お金が返ってくる可能性があることは前回書いたとおりです。

 

では、借り入れを完済し終わってから手続きをするのと、

残高が残っている状態で手続きをするのとでは、

どのような違いがあるのでしょうか。

 

それは、「信用情報機関への登録の有無」です。

 

信用情報機関…というのは、

消費者金融やクレジットカード会社のような貸金業者が、

お金を貸す上で本当にこの人にお金を貸してもいいのか等を

判断する目安にするための情報機関です。

 

借り入れの状況や長期の延滞などがあれば、この機関に記録され、

貸金業者はこの信用情報機関に記録された情報をもとに融資の判断をしたりします。

 

だから、ある業者で延滞があったりすると、

別な業者での借り入れの審査に影響してしまうといったことがあるわけですね。

この信用情報機関は、俗にいう「ブラックリスト」と呼ばれるものです。

 

この信用情報機関への登録の有無が過払いの手続きとどう関わるの??

 

というのは…(続く)。

関連記事

ジェネシスグループ

東京事務所
JR山手線・総武線・京浜東北線
東京メトロ 日比谷線、TX線
秋葉原駅電気街口 徒歩9分 東京メトロ銀座線 末広町駅4番出口 徒歩1分 東京メトロ千代田線 湯島駅6番出口 徒歩5分 東京メトロ銀座線 上野広小路駅A1出口 徒歩6分 JR山手線 御徒町駅南口 徒歩8分
千葉事務所
常磐線 柏駅東口 徒歩5分
兵庫事務所
山陽本線 姫路駅 徒歩7分
福岡事務所
鹿児島本線 博多駅博多口 徒歩8分
広島事務所
山陽本線 福山駅北口 徒歩7分
大阪事務所
東海道本線 大阪駅南口 徒歩9分
ページ上部へ戻る