過払い金発生の可能性その1~時効かも?の場合~

前回、

現時点で「10年前ぐらいの完済だったかもしれない」という方は、そもそも過払いになっている可能性は高いといえます

と書きましたが、それは「少なくとも10年ぐらい前の時点で取引をしていたということだから」、というのが理由です。

何度か書いたと思いますが、貸金業法は、平成18年に、国会で全会一致で可決・成立し、平成22年に、完全施行されました。

平成19年ごろには大手の貸金業者は、上限の貸付利率を法律の範囲内である20%以下に引き下げました。引き下げ以降に「新たに」借り入れをし始めた方は、違法な払い過ぎの利息はないため、過払い金は発生しません。

逆に言えば、それ以前に取引していた方は、違法な利率で利息を払っていた可能性が高いといえます。つまり、今、平成27年なので、8~9年前以上前に取引があった方は、利息の払い過ぎの可能性、すなわち「過払い」の可能性が高いというわけですね。

また、先ほど、引き下げ以降に「新たに」借り入れをし始めた方は、過払いの可能性が低いと書きましたが、「新たに」ではなければ、可能性があるのか? それは、あります。

続く

関連記事

ジェネシスグループ

東京事務所
JR山手線・総武線・京浜東北線
東京メトロ 日比谷線、TX線
秋葉原駅電気街口 徒歩9分 東京メトロ銀座線 末広町駅4番出口 徒歩1分 東京メトロ千代田線 湯島駅6番出口 徒歩5分 東京メトロ銀座線 上野広小路駅A1出口 徒歩6分 JR山手線 御徒町駅南口 徒歩8分
千葉事務所
常磐線 柏駅東口 徒歩5分
兵庫事務所
山陽本線 姫路駅 徒歩7分
福岡事務所
鹿児島本線 博多駅博多口 徒歩8分
広島事務所
山陽本線 福山駅北口 徒歩7分
大阪事務所
東海道本線 大阪駅南口 徒歩9分
ページ上部へ戻る