一連計算の可否① ~最高裁平成19年6月7日判決~

こんにちは、司法書士法人ジェネシス静岡支店です。

一つの取引の中で完済と再借入れがあるケースで、最高裁平成19年6月7日判決によると、

過払い金が発生した際に他の借入れが存在しない(前半取引の完済)場合には、その後に発生した借入金債務(再借入れ時の借入れ金)に過払い金を充当することは原則としてできないが、充当合意があれば充当することができる。

といった旨の判断がされています。

その理由は、「本件各基本契約に基づく債務の弁済は、各貸付けごとに個別的な対応関係をもって行われることが予定されているものではなく、本件各基本契約に基づく借入金の全体に対して行われるものと解されるのであり、充当の対象となるのはこのような全体としての借入金債務であると解することができる」から、としています。

※基本契約とは、「継続的に貸し借りが繰り返されることを予定した契約」というイメージで構いません。

つまり、基本契約に基づいて貸し借りを繰り返すような取引における返済は、全貸付けに対する返済であると解することができるため、基本契約の中における将来の貸付けに対する返済であると解することもできる(完済時に発生した過払い金を、再借入れ時の借入金債務に充当できる)、ということになります。

したがって、基本契約が一つであれば、その中で完済と再借入れがあっても一連計算ができるということになりますが、裁判官によっては、基本契約が一つであっても空白期間が長期に渡る場合にはそれをもって分断であると判断する場合もあるので注意が必要です。

スタッフ Y

関連記事

ジェネシスグループ

東京事務所
JR山手線・総武線・京浜東北線
東京メトロ 日比谷線、TX線
秋葉原駅電気街口 徒歩9分 東京メトロ銀座線 末広町駅4番出口 徒歩1分 東京メトロ千代田線 湯島駅6番出口 徒歩5分 東京メトロ銀座線 上野広小路駅A1出口 徒歩6分 JR山手線 御徒町駅南口 徒歩8分
千葉事務所
常磐線 柏駅東口 徒歩5分
兵庫事務所
山陽本線 姫路駅 徒歩7分
福岡事務所
鹿児島本線 博多駅博多口 徒歩8分
広島事務所
山陽本線 福山駅北口 徒歩7分
大阪事務所
東海道本線 大阪駅南口 徒歩9分
ページ上部へ戻る