亡くなった方の過払い金請求 その2~戸籍収集~

こんにちは、司法書士法人ジェネシス静岡支店です。

調査の結果、被相続人の取引が過払い状態であった場合、相続人から貸金業者に対して過払い金返還請求を行うことになります。

遺産分割協議により特定の者が相続する、法定相続分に応じて各相続人が相続するなど、請求方法にかかわらず必要となるのが、戸籍類(戸籍・除籍・改製原戸籍)です。

まず、被相続人の戸籍は出生から死亡までのすべての戸籍が必要です。

この過程で、被相続人が実は過去に離婚しており、当時の配偶者との間に子が存在するなどの事実が判明することもあります。

基本的には、死亡時からさかのぼって取得していきますが、ご高齢の方や転籍(他の市町村への移転)を繰り返している方の場合には、何通もの戸籍を取得しなければならないこともあります。

また、法定相続人の戸籍(これは現在戸籍で足ります)も取得しなければならないため、必要な戸籍が膨大な量になるケースが多々あります。

当事務所では戸籍類の入手も承りますので、まずはご相談ください。

スタッフ Y

関連記事

ジェネシスグループ

東京事務所
JR山手線・総武線・京浜東北線
東京メトロ 日比谷線、TX線
秋葉原駅電気街口 徒歩9分 東京メトロ銀座線 末広町駅4番出口 徒歩1分 東京メトロ千代田線 湯島駅6番出口 徒歩5分 東京メトロ銀座線 上野広小路駅A1出口 徒歩6分 JR山手線 御徒町駅南口 徒歩8分
千葉事務所
常磐線 柏駅東口 徒歩5分
兵庫事務所
山陽本線 姫路駅 徒歩7分
福岡事務所
鹿児島本線 博多駅博多口 徒歩8分
広島事務所
山陽本線 福山駅北口 徒歩7分
大阪事務所
東海道本線 大阪駅南口 徒歩9分
ページ上部へ戻る