貸金業者の主張 ~取引の分断とは~

こんにちは、司法書士法人ジェネシス静岡支店です。

調査の結果過払い金が発生していれば、実際に貸金業者に対して請求をすることになりますが、素直に全額を返還してくることはまずありません。

様々な理由を見つけて、過払い金の減額を要求したり、場合によっては「今回のケースでは返還の必要は無いはずだ」などという主張をしてくることもあります。

貸金業者の主張の中でも最も多いのが「取引の分断」の主張です。

例えば、取引期間中に一度完済し(前半取引の終了)、その後しばらく借入が無く(空白期間)、再度借入れを行い取引が再開された(後半取引の開始)場合・・・・

このようなケースにおいて貸金業者は、空白期間を境に取引が分断され、前半取引と後半取引はそれぞれ別取引であるため、過払い金も個別に計算すべきだ、といった主張をしてくることがあります。

取引が分断されることにより、

「一つの取引として計算した場合には過払い状態だが、個別計算することによって後半取引については債務が残ってしまう」

「空白期間が10年以上前にあった場合、前半取引は時効消滅している」

などという結果になることもあります。

空白期間があるからといって、すべての場合で取引の分断となるわけではありませんが、だいたい1年を超える空白期間があると、貸金業者から取引の分断の主張がされることが多いです。

スタッフ Y

関連記事

ジェネシスグループ

東京事務所
JR山手線・総武線・京浜東北線
東京メトロ 日比谷線、TX線
秋葉原駅電気街口 徒歩9分 東京メトロ銀座線 末広町駅4番出口 徒歩1分 東京メトロ千代田線 湯島駅6番出口 徒歩5分 東京メトロ銀座線 上野広小路駅A1出口 徒歩6分 JR山手線 御徒町駅南口 徒歩8分
千葉事務所
常磐線 柏駅東口 徒歩5分
兵庫事務所
山陽本線 姫路駅 徒歩7分
福岡事務所
鹿児島本線 博多駅博多口 徒歩8分
広島事務所
山陽本線 福山駅北口 徒歩7分
大阪事務所
東海道本線 大阪駅南口 徒歩9分
ページ上部へ戻る